Home/目次/next page

どの多価不飽和脂肪酸が望ましいか

 このテーマは、医師または科学者(研究者)によって意見が異なるところです。すでに述べたように、植物性のオメガ六の抗ガン性はきわめて有望と筆者は考えます。他方、ある動物実験の結果では、魚油から作るオメガ三が腫瘍の成長を阻害したのに対して、高レベルのリノール酸(多価不飽和脂肪酸オメガ六)が全く反対の結果を示したという報告があります。全体としての問題は必ずしも明確にはなっていません。しかし、脂質の専門家によれば、魚油のオメガ三の方が植物性のオメガ六よりも良いと言います。実際オメガ三オイルには、前述のように肺ガン、胃ガン、結腸ガン、膵臓ガンなどの成長を遅らせる実験結果があります。筆者自身の選択では、オメガ三とオメガ六の組み合わせですが、その場合の割合は 2対1の比率にします。この比率は根拠なしに言っているわけではなく、人間の細胞の成り立ちと、人間の母乳がおよそ同じ比率だからです。また、何事も単品よりは複数での摂取の方が好ましい、という筆者自身の考え方に基づくものです。

Home/目次/next page