Home/目次/next page

「第8章のまとめ」

1、活性酸素に対する防御システムの設計の良し悪しと、そのシステムのメンテナンスの良し悪し(つまり食品の選び方)が寿命の長さを決定する。人間の防御システムの設計は極めて優秀。だから、あとはメンテだけが問題である。つまり、何を、どうして、どれだけ食べるかが寿命を決定する。

 

2、活性酸素は電子の強奪者。相手かまわず電子を奪い取る。奪われた原子は活性酸素となって、また他から強奪する。連鎖反応の悪循環が繰り返される。この悪循環を断ち切るのが抗酸化食品である。

 

3、補酵素Q10は「生物時計」の針を遅らせ得る。老化現象の発現を遅らせるのは、Q10がミトコンドリアのエネルギー生産活動を活性化するからと考えて良い。

 

4、人が死ぬとき、その体細胞の99、99%はまだ生きていて、細胞分裂している。つまり、人間は細胞の老化が直接の原因で死ぬのではない。老化に伴う各種の変性疾患によって死ぬのである。

Home/目次/next page