Home/目次/next page

「7の2項のまとめ」

 

1、補酵素Q10はビタミンEとの組み合わせによって、心臓疾患の救世主と見られる。ビタミンEの単独使用でさえも冠状動脈疾患を40%減らす例がある。組み合わせた場合の相乗効果で、さらに強力な結果が期待出来る。

 

2、今までの医師の教育課程で栄養学についての教育は不足。まして新しい栄養知識は不足。補酵素Q10を知っている医師の数は少ない。健康食品として販売されているから駄目という頑迷な医師が多い。

 

3、補酵素Q10は細胞の発電所と呼ばれるミトコンドリアのエネルギー生産に関係する。補酵素Q10が不足すると精子の「しっぽ振り」運動が低下する。年令とともに体内での補酵素Q10生産能力低下するが、それこそまさに老化の兆候である。栄養補助食品として、「健康な長寿」を得られる1つの重要な可能性である。

 

4、補酵素Q10は運動能力を強化する。バルセロナ・オリンピックでイギリスの女性ホッケーチームがQ10を使用して銅メタルを獲得した。ただし、補酵素Q10はドーピングではない。

 

訳注10、酸化的リン酸化。生体にATP(アデノシン5’三リン酸と呼ばれ生体におけるエネルギー伝達物質として重要な役割を果たす)を供給する主要な反応。

Home/目次/next page