Home/目次/next page

「7の1項のまとめ」

1、古い歴史に裏付けられたインドの伝承的医学に、数多くの抗酸化作用が認められる。これには、近代的技術によって追認されたフラボノイドが大量に使用されている。古いものが新しいという大きな皮肉には要注意。  

 

2、フラボノイドは数多い植物に含まれるが、これは「光合成」を行う植物が紫外線から身を守るための自己防衛システムである。フラボノイドは植物の防衛網の最前線に立つ表皮に多く含まれる。また、子孫存続のための種子や芯にも多い。従って、そのままでは食べにくいのが普通。

 

3、ロシアの宇宙飛行士はフラボノイドによって宇宙線から身を守った。フラボノイドは近い将来、究極のガン予防策として有望株の1つ。ガンの発生を予防するのみならず、その転移をも防ぐ。

 

4、フラボノイド類の1つのピクノジェノールは、脂肪の摂取が多いにもかかわらず心臓疾患が少ないという有名な「フレンチ・パラドックス」に加えて、実は「2つ目のフレンチ・パラドックス」として、肝硬変予防の主役である可能性が高い。

 

訳注8、レトロウイルスーーRNA型腫瘍ウイルスで、遺伝子RNAをDNAに変換する生活環をもつウイルス。

訳注9、ヒスタミン。毛細血管拡張、平滑筋収縮、胃酸分泌など多くの薬理作用あり。神経伝達物質、炎症、創傷治癒、細胞増殖などにも関係が示唆されている。 

Home/目次/next page