Home/目次/next page

パーキンソン症候群

 人間の歴史始まって以来の最初にして(現在のところ)唯一であるパーキンソン症候群の例は、数年前にカリフォルニアの麻薬常習者の1グループに発生したMPTP(訳注4参照)に汚染された麻薬絡みの例です。MTPTは細胞のミトコンドリアに対して毒性のある物質です。活性酸素発生を高めると同時に、重要なグルタチオン坑酸化物質のレベルを低下させ、神経細胞膜を傷め、その結果神経細胞を殺すにいたります。

 麻薬関連のパーキンソン症候群以外では、もっと一般的で、MPTPに類似した特発性の化合物が、脳内の被害部位で発見されています。こういう化合物は活性酸素の発生を高め、その反対にグルタチオンを低め、前述のように神経細胞を殺します。

 セスキテルペン・ラクトンと呼ばれる化合物を含むアザミの1種を、馬が食べた場合にほとんど同様な症状が起こります。勿論、馬はパーキンソン症候群と似た状態になります。

 細胞のミトコンドリアの機能と坑酸化物質の状態に異変が起こり、その異変がパーキンソン病発症と同じように重大な場合は、前述のような栄養的アプローチを試してみる価値はありましょう。できるだけ多くの坑酸化物質を組み合わせ、さらに、ビタミンQ(補酵素Q10)とベータカロチンを追加します。これはすべてミトコンドリアの機能を改善するのが目的です。グルタチオンを高める目的でシステインとアルファ・リポ酸を加えるのも有効です。また、細胞が死んだ時に発生して、さらなる活性酸素の発生源となって、悪循環の出発点となる遊離鉄を取り除くためにビタミンP(フラボノイド)の追加も良いでしょう。

 さらに欲を言えば、西洋サンザシから抽出したフラボノイドを加えたいところです。これは脂溶性坑酸化物質なので血液脳関門(訳注5参照)を通過して脳内に入ることができるからです。西洋サンザシは昔から鎮静作用があるので知られていますが、おそらく脳内に到達し神経細胞膜を保護することが期待できます。この点では、タイム油かチモールも同じような効果があることを付け加えます。

Home/目次/top of page/next page