Home/目次/next page

第二章のまとめ

1、RDA(推奨栄養摂取量)が生まれたのは、今から約五〇年も昔。その時代背景は教科書どおりの欠乏症が存在した時代。だから「最低必要量」という消極的な考え方が基本になっていた。

 

2、その後、五〇年を経過して、現在の考え方は「最大栄養」による「最大健康」の確保が必要という積極的な方向へ次第に考え方が変化しつつある。

 

3、過剰の危険のない範囲での最大安全摂取量は、ビタミンCではRDAの二〇倍、ビタミンEでは六倍という桁外れのレベルと判明している。 

 

4、旧いRDAに固執しているような勉強不足の医師の世話になるのは、身の不運と諦めるべきか否か。

Home/目次/next page