Home/目次/next page

微量のホウ素とモリブデン

 これらも骨形成には必須のミネラルです。 カルシウムやマグネシウムのように骨そのものの構成要素ではありませんが、骨成長に関係する酵素を助けるためには微量ながら必要です。例えば、ホウ素が不足すると尿中へのカルシウム損失が大きくなり、性ホルモンのレベルも異常に低下します。これらそれぞれが骨粗しょう症のリスク要因です。ホウ素の適量摂取は尿中のカルシウム損失を減らすとともに、エストラジオールとテストステロンなどが増加します。これ以外の点でもホウ素は骨の健康に重要です。ホウ素補強剤を摂取する人々の骨の強度は平均以上を示しますし、ホウ素不足は関節炎のリスク要因になります。たまたまその地域の土壌にホウ素が多いというような地域での関節炎の症例は平均値より大きく下回っています。